« 正月も3日までは松の内? | トップページ | 1/5の日記 »

2018.01.04

なんか色々と、、

 0740起床。
自室でNanoPI2いぢってたら、必要なPluginが消えてしまってapt-getが上手く行かない状況に(´Д`;
CR2032でのRTC時間Backupもある筈なのに、何故か再起動すると時間が元に戻る状況とかもあって、また再セットアップ、、

 っつう訳で、今までNanoPI2って言ってた、NanoPi NEO2とNASって言ってた1-bay NAS Dock v1.2 for NanoPi NEO/NEO2メモ。
 購入は、秋月電子
通販コード、、
M-12302 Nano Pi NEO 2
M-12591 NanoPiNEO/NEO2用NASケースキット
M-10659 スイッチングACアダプター 12V2A AD-D120P200
他に、NASの中に入れるSATAの2.5inのHDD、microSD(私は東芝の32GB)と時計Backup用途のCR2032コイン電池が必要です。
#ま、microSDにデータを書き込むための母艦PC(手軽に済ませるならWindowsPC)とネット回線とか必要になります。
あと、NanoPiNeo2本体にピンをはんだ付けしないといけないので、はんだごて(先の細い20~30W)とはんだ等と、NAS組み立て用途に+ドライバーが必要になります。

 NAS用途のDownload Debian for NAS Imageのダウンロード
ダウンロードしたら、zip回答したのをWWindowsPCならWin32 Disk ImagerでmicroSDに書き込む。

 書き込んだmicroSDをNanoPiNeo2に挿して、NASキットを組み立てて、電源投入。
DHCPサーバがLAN上にあれば、DHCPでip取得するのでDHCPサーバのipv4割当ログ見て、ipを確認して、母艦WindowsPC上のWebブラウザからそのhttp://そのipアドレスログインでする。
#デフォルトのuser名admin、Passがopenmediavault、因みにこの状態でsshもイケるので、TeraTarmとかでログインすればイケる、ユーザrootパスfaでイケる。

 最初やる事。
基本、Webブラウザ上からだと日本語メニューでほぼ設定できるので好きにして(´ー`)
adminパス変更、ホスト名変更、ipアドレスを固定化とかして、アップデート管理でいわゆるapt-get update、apt-get gpgradeやったら良い感じかな、あとはHDDをマウントとかして、サーバプロセスサービス(ftpとかsamba)を設定すればNAS的使用用途には困らない感じです。
sambaもsmb.confいぢるとかぢゃなくて、Webブラウザ上からマウス操作だけでイケるのですごく楽(^o^)丿
ぶっちゃけ、スマホからでも設定できる(^^ゞ
#WebサーバとかSQLサーバにしたいのなら、プラグインからNginxとかMySQLとか選べばいいし、LDAPとかDLNAとかDAAPとかWebDAVとか必要最低限なモノあるので、sshで入ってapt-get install ホゲとかしなくてもNAS環境は構築できちゃう感じです、、
ただ、プラグインの中のClamAVは入れて再起動すると物凄くメモリ食って使い物にならない位に遅いのでやめた方が良い、、

 sshでログインしてみて、、
とりあえず、CPUがクワッドコアか確認してみる。
うん、確かに4コアだけど、クロックが1GHz行ってねぇぞ(`Д´)ノ
まぁ、CPUパワーが必要な時に上がるんだろうけど、なんか納得いかないなぁ~
通常時はCPU温度が40~50度位か、、
-----
# cpufreq-info
cpufrequtils 008: cpufreq-info (C) Dominik Brodowski 2004-2009
Report errors and bugs to cpufreq@vger.kernel.org, please.
analyzing CPU 0:
driver: cpufreq-dt
CPUs which run at the same hardware frequency: 0 1 2 3
CPUs which need to have their frequency coordinated by software: 0 1 2 3
maximum transition latency: 244 us.
hardware limits: 120 MHz - 1.01 GHz
available frequency steps: 120 MHz, 240 MHz, 312 MHz, 480 MHz, 624 MHz, 816 MHz, 1.01 GHz
available cpufreq governors: conservative, userspace, powersave, ondemand, performance, schedutil
current policy: frequency should be within 240 MHz and 912 MHz.
The governor "ondemand" may decide which speed to use
within this range.
current CPU frequency is 816 MHz (asserted by call to hardware).
cpufreq stats: 120 MHz:0.03%, 240 MHz:75.44%, 312 MHz:0.79%, 480 MHz:0.02%, 624 MHz:0.02%, 816 MHz:23.60%, 1.01 GHz:0.10% (17609)
analyzing CPU 1:
driver: cpufreq-dt
CPUs which run at the same hardware frequency: 0 1 2 3
CPUs which need to have their frequency coordinated by software: 0 1 2 3
maximum transition latency: 244 us.
hardware limits: 120 MHz - 1.01 GHz
available frequency steps: 120 MHz, 240 MHz, 312 MHz, 480 MHz, 624 MHz, 816 MHz, 1.01 GHz
available cpufreq governors: conservative, userspace, powersave, ondemand, performance, schedutil
current policy: frequency should be within 240 MHz and 912 MHz.
The governor "ondemand" may decide which speed to use
within this range.
current CPU frequency is 816 MHz (asserted by call to hardware).
cpufreq stats: 120 MHz:0.03%, 240 MHz:75.44%, 312 MHz:0.79%, 480 MHz:0.02%, 624 MHz:0.02%, 816 MHz:23.60%, 1.01 GHz:0.10% (17609)
analyzing CPU 2:
driver: cpufreq-dt
CPUs which run at the same hardware frequency: 0 1 2 3
CPUs which need to have their frequency coordinated by software: 0 1 2 3
maximum transition latency: 244 us.
hardware limits: 120 MHz - 1.01 GHz
available frequency steps: 120 MHz, 240 MHz, 312 MHz, 480 MHz, 624 MHz, 816 MHz, 1.01 GHz
available cpufreq governors: conservative, userspace, powersave, ondemand, performance, schedutil
current policy: frequency should be within 240 MHz and 912 MHz.
The governor "ondemand" may decide which speed to use
within this range.
current CPU frequency is 816 MHz (asserted by call to hardware).
cpufreq stats: 120 MHz:0.03%, 240 MHz:75.44%, 312 MHz:0.79%, 480 MHz:0.02%, 624 MHz:0.02%, 816 MHz:23.60%, 1.01 GHz:0.10% (17609)
analyzing CPU 3:
driver: cpufreq-dt
CPUs which run at the same hardware frequency: 0 1 2 3
CPUs which need to have their frequency coordinated by software: 0 1 2 3
maximum transition latency: 244 us.
hardware limits: 120 MHz - 1.01 GHz
available frequency steps: 120 MHz, 240 MHz, 312 MHz, 480 MHz, 624 MHz, 816 MHz, 1.01 GHz
available cpufreq governors: conservative, userspace, powersave, ondemand, performance, schedutil
current policy: frequency should be within 240 MHz and 912 MHz.
The governor "ondemand" may decide which speed to use
within this range.
current CPU frequency is 816 MHz (asserted by call to hardware).
cpufreq stats: 120 MHz:0.03%, 240 MHz:75.44%, 312 MHz:0.79%, 480 MHz:0.02%, 624 MHz:0.02%, 816 MHz:23.60%, 1.01 GHz:0.10% (17609)

# cpu_freq
INFO: HARDWARE=Allwinnersun50iw2Family
CPU0 online=1 temp=46275 governor=ondemand cur_freq=816000
CPU1 online=1 temp=46275 governor=ondemand cur_freq=816000
CPU2 online=1 temp=46275 governor=ondemand cur_freq=816000
CPU3 online=1 temp=46275 governor=ondemand cur_freq=816000
-----

 余ってた、USBカメラで、、
WindowsVista辺りまでは使えてた30万画素のUSBカメラが余っていたので、Webカメラでインターバル撮影NanoPi NEO2でタイムラプス撮影を参考にしてみる。
ほんと、パクリ(^^ゞ
NanoPiNeo2は一般ユーザでもcronイケルっぽいんですが、ユーザ作成時にhomeディレクトリを作成するしないでcronも出来る出来ないあるので、まぁ良いやと思って、rootでcronしてます(^^ゞ
/rootでvi webcam.shとかで、、
-----
#!/bin/bash

DATE=$(date +"%Y%m%d%H%M%S")
fswebcam --quiet --jpeg 95 --timestamp "%Y-%m-%d %H:%M:%S (%Z)" -r 640x480 /srv/
dev-disk-by-id-usb-JMicron_Tech_ほげふが/share/webcam/$DATE.jpg
-----
ってな感じで、内蔵HDD上のshare/webcamと言うディレクトリにYYYYMMDDmmss.jpgと言うファイル名で保存します。
chmod 755 webcam.sh で実行権付与して、、
crontab -eで
0,30 * * * * /root/webcam.sh
で毎時0分と30分に撮影する感じにしました。
 とりあえず。
自室監視カメラに(^^ゞ
#因みに、動画ならConnect to USB Camera(FA-CAM202)でイケるらしい、、
ただ、前モデルのNanoPiNeoこんな風に工夫しないとアレらしいので、ううーんとなりますな、、

 NanoPiNeo系メモ、、
秋月電子のNanoPiNeo2やNASキット以外だと、aitendoNanoPiNeo512Mがあります。
あと、ヒートシンクケース(NanoPiNeoとNanoPiNeo2は基板サイズは4cmX4cmと同じですがUSBとLANコネクタの位置が違うので注意)とケース(こっちは恐らくNanoPiNeoとNanoPiNeo2で使用可能)、、
あと、秋月電子にはNano Pi NEO 512MBヒートシンクあります、、

 次に、BeagleBone Black
最新版Testingイメージで、構築開始(´ー`)
はてさて、、
 因みに、、
CPUはこんな感じ。
こっちは1コアで1GHz全開みたいっすな(´ー)y-~~~
-----
$ sudo cpufreq-info
[sudo] password for debian:
cpufrequtils 008: cpufreq-info (C) Dominik Brodowski 2004-2009
Report errors and bugs to cpufreq@vger.kernel.org, please.
analyzing CPU 0:
driver: cpufreq-dt
CPUs which run at the same hardware frequency: 0
CPUs which need to have their frequency coordinated by software: 0
maximum transition latency: 300 us.
hardware limits: 300 MHz - 1000 MHz
available frequency steps: 300 MHz, 600 MHz, 720 MHz, 800 MHz, 1000 MHz
available cpufreq governors: conservative, ondemand, userspace, powersave, performance, schedutil
current policy: frequency should be within 300 MHz and 1000 MHz.
The governor "performance" may decide which speed to use
within this range.
current CPU frequency is 1000 MHz (asserted by call to hardware).
cpufreq stats: 300 MHz:0.00%, 600 MHz:0.00%, 720 MHz:0.00%, 800 MHz:0.00%, 1000 MHz:100.00%
-----

 クルマで母親と、、
病院とか親戚廻りとかお買い物とか、、

 ねた。
ニュースはありますね。

---
・Montague Paratrooper
走行時間、0分0秒
走行距離、0.0Km
平均速度、0.0Km/h
積算距離、32539Km
・Montague Paratrooper PRO
走行時間、0分0秒
走行距離、0.0Km
平均速度、0.0Km/h
積算距離、11997Km
・Boradman CX Team
走行時間、38分47秒
走行距離、13.93Km
平均速度、16.0Km/h
積算距離、7406Km+前オーナ積算200km
・Performer HighRacer 26in OSS
走行時間、0分0秒
走行距離、0.0Km
平均速度、0.0Km/h
積算距離、694km+2438Km
・italjet TIFFANY
走行時間、0秒
走行距離、0Km
平均速度、0Km/h
積算距離、26.2Km+前オーナ積算等2992km
---

|

« 正月も3日までは松の内? | トップページ | 1/5の日記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 正月も3日までは松の内? | トップページ | 1/5の日記 »