« 長期戦態勢に移行 | トップページ | 被災情報よりも原発情報の方が、、 »

2011.04.06

4/5の日記

 仕事。
今日の夜勤が無くなって、日勤勤務。
仕事内容的には徐々に通常モード内容になりつつあるけど、まだまだ震災態勢対応もある、、

 今日のMONTAGUE PARATROOPER。
走行時間、43分39秒
走行距離、13.85Km
平均速度、19.0Km/h
積算距離、17318Km
 エンジン下ろして修理中のitaljet TIFFANY。
デジタル走行時間、0秒
デジタル走行距離、0Km
デジタル平均速度、0Km/h
デジタル積算距離、26.2Km
参考 旧アナログ積算距離、2967.5Km新アナログ積算距離、24.0Km

 芝公園で夜桜花見。
某氏とその仕事関連の方々とで夜桜花見をしました、、
私は自転車だったのでノンアルコールでしたけど、色々と面白いお話とか聴けて楽しかったです(^o^)丿
ただ、後半戦はかなり寒かったけど、、
#歩いて行って、飲めばよかったかなぁ~
 久しぶりに、、
魚肉ソーセージ食べたら、んまかった♪

 ヤマハ、電動アシスト自転車「PAS」を長野県安曇野市に納入
家電Watchねた。
NHK朝の連続ドラマが関連するとはねぇ~
#ヲマケに電動バイクEC-03も貸し出したら?

 河北新報、岩手県ネタ。
鉄の町復興はヤマから 釜石鉱山「仙人秘水」フル生産へ
かもめの玉子 製造工場が再稼働 「大船渡の銘菓」守る
燃料ゼロ大助かり 移動太陽光発電機フル稼働 大船渡
 仙人秘水とかもめの玉子の生産再開は復興の良い予兆ですね(´ー`)
そうねぇ、確かに太陽光パネルはこう言ったマイクロ発電には向いている(実際、無人灯台とかに使われているし)けど、とは言え限界もある訳で、、
要は適材適所なんですよね。

 河北新報、宮城県ネタ。
「沿岸部の住宅建築禁止」 78年前に宮城県が独自条例
自転車の利用急増 ルール順守を 仙台
「仙台平野に巨大津波」16年前に警告本 仙台の郷土史家
 78年前の教訓が語り継がれなかったとは言え、沿岸部に人が住む建物を禁止するだけで、建てるのは禁止されなかったのが悔やまれる、、
っても、三陸のリアス式海岸ではどうしても沿岸部にしか開けたところが無いのも事実な訳で。
 長町の蛸薬師のお話はWebで調べても、津波とは確実に書かれてなくて、洪水としか伝わってないそうだ、、
とは言え、海の生物の蛸が流されてきたと言う事は、、と言うことなんだろうな。
うむ、今回の津波だって、東部道路と名取・広瀬川の堤防が無かったら、確実に長町辺りまで被害はあったと思う。
 自転車のルールはコツコツと啓蒙して行くか、一回どかっと事故起こして、トンでもない賠償金額請求されてガクブル状態になるしかないか?!
整備不良自転車もバシバシ指導して行って欲しい、、

|

« 長期戦態勢に移行 | トップページ | 被災情報よりも原発情報の方が、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長期戦態勢に移行 | トップページ | 被災情報よりも原発情報の方が、、 »