« 今日も夕方から天気が回復 | トップページ | 特にネタなし »

2010.06.23

最近の激安中華Android端末に思う事、、

 微妙に、EKEN M003、ファーストレビューとかEKEN M003 Custom Firm Ware (CFW)の続き。
色々と思う事があるので雑文ですが書いておきます、、
#以下はあくまで私の雑感ですので、間違えてるところとか突っ込みどころがあると思いますけど。

 ちょっと気になっていたことをお知らせ【6月はTOPデス】
よくわかってないBlogねた。
コレには完全に同意です。
だって、¥10000~¥20000のHardwareスペックの端末が¥40000とか¥50000の端末に勝てるわけ無いんですから、、
#Android-OSは正直言ってちゃんとサポートされてるCPU(600MHz以上)とGPU(コレが重要)が無いとまともに動きません。
安いからって、安易に中華製Android端末に手を出すのなら、止めておいた方が身の為ですよ、、
#正直、W-Zero3NetWalkeriPadの方が快適です。

 じゃぁ、何で安い中華製Android端末に手を出すの?
それは、Hack情報(CustomFirmWare)とかで自分好みの環境を構築して、「"限りなく"快適な環境を目指す」事が出来るからです。
コレが面倒とか言う人は、素直にHT-03AとかXperiaとかNexus OneとかHTC DesireとかIS01とか買うか、夏以降のまともな性能のAndroid端末(dynabook AZとか)を待ちましょう、、
#どれもコレも¥20000以上(~¥50000くらい)しますけど。

 こーいう組み込み系な情報源。
多分、あんまり知らない人はEngadgetとかGIAZINEとかGizmodoとかAkihabara Newsとかの情報を見て日本語で得ているのでしょうが、、
All About Linux-powered Devices - Linux for Devices
All About Windows-powered Devices - Windows for Devices
ARMdevices.net
が速いです、、
ココの記事のHardwareが1~3ヶ月後に日本に来るって感じです。

 以下が本題かな、、
EKEN M001とかEKEN M003とかのCPUの謎。
#まぁ、EKEN M002もそうなのですが、、
EKEN社のWebサイトの情報見てもCPUが"VIA MW8505 533MHz"とかなんですが、調べても無いんですよ、そんな型番のCPUが。

 で、、
M001の分解記事タッチパネルが割れたEKEN M001を料理汁。。。。( talの独り言)やM003の分解記事緊急事態 スワップ断念 iPed EKEN M003 そして分解へ(物欲番町(パクリ))等の分解記事WebサイトでS.O-DIMM形状ボードに"WM8505"型番のCPUが搭載されている事が判明しています。

 "WM8505"っつうCPUなんですが、、
WonderMedia Technologies, Inc.のWebサイト見てもそんな情報無いんですよ。
ただ、Products - WonderMedia PRIZM Platform - SmartTouch のところのhereをクリックするとM001とかM003とかの画像が見れるんですけど、、

 更に調べる。
まぁ、某巨大掲示板の某板の某スレッド情報とかSlateDroidのForumでも、600MHzとか533MHzはガセ情報で本当は300MHz(人によっては175MHz)とか記述があるのですが、その根拠はどこにあるのかと言う事で調べてみたら、、

 WonderMedia SoC Product Roadmap-20090505(リンク先pdf注意)。
どうもこの情報を見る限り、8500番台のWonderMediaは300MHzクラスと言うのがわかって、更に動画支援機能があんまり無いということがわかる。

 結論。
中華スペックに騙されるな、価格相応のスペックだと思え、こんなもっさり端末がAndroid端末だと思うな、、
まぁ、こんな感じかなぁ~
あくまで、CFWとか役に立つapkとか突っ込んで、「動いた~♪、やった(^o^)丿」とかって、みんなと情報共有しあって過程を楽しむマシンだと思います。
ぶっちゃけ"BeagleboardでAndroid"とか"LinuxZaurusでAndroid"動かすより手っ取り早いからコレ買うみたいな、、
#だって、製品と言うにはアレすぎるもん、こいつら、、

|

« 今日も夕方から天気が回復 | トップページ | 特にネタなし »

コメント

確かに、こいつらはアレですね。
CFWでカスタマイズし、自分仕様にするのが目的なら買いですが・・・
普通のユーザーにはとんでもなくアレな商品です。

中の作りもアレですから・・・

しかし、メーカーHPの情報のいい加減さは何とかならないのでしょうか・・・

投稿: tal | 2010.06.24 23:34

 こんにちわです>tal さん
ホント価格相応のマシンですよ、、
Android端末だけにGoogleで多方面に渡って検索して情報を収集しないと真実が見えてこないモノですねコレは(´ー`)
 別記事起こしましたが、私もSlateDroid1.2とECOTOX1.0入れてみました、、
両方共にDarexiusよりもセンサの感度が良くなっているのか、縦-横切り替えが機敏ですね。
とりあえず、ECOTOX1.0で使用してます。

 ホント、カタログ情報がアレです。
VIAと言うかWonderMediaもWM8505のデータシートとかWebに置いてて欲しいのですが、、

投稿: Tomohiro | 2010.06.25 00:57

タブレット対応していくとされているubuntu preciseを
堂々と入れてみる用にも使えそうですね

投稿: 通りすがり | 2011.12.05 01:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日も夕方から天気が回復 | トップページ | 特にネタなし »