« なんだかなぁ、、 | トップページ | お台場へ(更新完了) »

2009.08.21

ロケットまつり34に行ってきました。(更新中)

 本ネタの前に、日常日記。
作業立会いとかであんまり仕事らしい仕事してないや(´ー)y-~~~
来週も同じような状況か?
#それは無いか、人が休みで居なくなるし、、

 わかったこと。
週末のビックサイトは、、
鉄道模型コンベンション
アマチュア無線フェア
ガンダムエキスポ
の趣味の王道フェア3本立てと言う事。
オタクの祭典の次週が趣味の王様イベントとは(´ー`)
 土曜日は。
横田基地のイベントです。
でっけぇハンバーガーとか蛍光色の飲み物が好きな方はどうぞ、、
#確か、色々と制限があるので詳しくはWebサイトで調べて頂戴。

 ロケットまつり34『衛星まつり7』〜日本で初めて人工衛星を創った男〜に行って来ました。
っつう訳で行って来ました。
夏休み中とは言え、久しぶりの金曜日開催だったので1815到着した時点で整理番号19番でした、、
開始前でも結構まったりな状態で楽しむ事が出来ました。

今村氏、小野氏、松浦氏。
#笹本氏はまぁ例の如くなんだけど、あさり氏も故郷の中空知に帰還している模様で、、
後ろの写真の右側の方、誰だかわかりますよね?、「新しい年号は"平成"です」のです。

以下メモ。
・プロとアマチュアの定義、その中にセミプロと言う集団が存在する。
基本的に、アマチュア無線衛星は限りなくプロに近いセミプロ集団が行ったと言うことを理解して欲しい。
#現在の完全にアマチュア集団が打ち上げているCubeSATとの大きな違いがココ。
・Oscar(アマチュア無線衛星)の歴史。
Oscar78で日本のトランスポンダが搭載された。
#のざき氏、ご指摘どうもです♪
・JAS-1ふじ計画。
国会議員の趣味は重要。
ラジコンの周波数もラジコン趣味な議員さんがいたから確保できたみたい。
議員ハムクラブの長は当時の小渕氏!
#小渕氏ってNASDAにも居た事がある、確か森首相のeJAPAN構想も小渕氏が元ネタ考えてたみたいなんで、ある意味小渕氏って数少ない理系な首相だったのかもしれない、、
裏ネタとして、かの上祐氏もNASDAに居たらしい。
JARLとかアマチュア衛星協会?の偉い人も電波事業(実は電波管理局の親玉)とかに深く食い込んでるし、技術研究系もNECとかに深く食い込んでいる人多数。
1980年代は素人が情報発信できる恐らく最初の素地が生まれた時代(従免所持者100万人越え)、PCとかぢゃ"ニューメディア"なんて単語が生まれた頃。
・資料。
その資料は個人情報のかたまりでんがな(^^;;
・衛星のかたちは大事。
みかんのダンボールをモデルにした衛星は"みかんせい"になる!(会場大爆笑)
熱設計とかしっかり(特に小さいサイズの衛星になればなるほど)としないと持たない。
・太陽電池。
当初シリコンのを使用したら約8.5W電力出力(実は6.5Wらしい)で約3年、GaAS(ガリウム砒素)のパネルにしたら電力出力は上がるは(現在22W)、寿命はあがるは(3号機は現在も運用中)、衛星機体寿命は太陽電池が一つの鍵かもしれない、、
・ふじ・フジ・藤
当時のNASDA衛星の名前はすべて花の名前(女の子の名前に非ず)、きく・あやめ・もも・さくら・ひまわり、、
で、ふじは一応?富士山から来てるけど、"藤の花"があるので、NASDA公式命名されたらしい。
ふじと一緒に打ち上げた、NALのペイロードは"じんだい"(NALは調布にあるんで)だったけど、NASDAは名前否定したっぽい。
・衛星通信運用。
アマチュア無線とは言え、無線局免許状(局免)に衛星通信の旨を記載する必要がある(小野氏の実際の局免見せてもらいましたがそれも個人情報が、、)。
当時は144MHz・430MHz8エレ八木が1本ずつ¥3万とか144MHz・430MHz単体の無線機が2台必要(当時1980年頃はまだDualBand機なんて無い)で¥10万とかしてたけど、今では¥10万あれば1式余裕で揃えられる、受信だけならハンディ機でも十分な位に無線機の性能が向上した。
・最後、VHSビデオ放映。
ココで、現在も巣鴨でふじの運用管制をしている近藤氏が登場して、ふじ初号機の打ち上げVHSビデオの解説をしていただきました。

・まとめ。
セミプロが行ったとはいえ、まずはアマチュアが衛星を打ち上げる為の道(ピギーバック・相乗り衛星)を拓いた事、コレが一番大きい。
・それを受けて、では今のアマチュア衛星は?
打率約7割、ミッションがちょっと大きい、まずは小さい事から初めて失敗を経験すべき、その点、大学(CubeSAT)衛星はミッションが小さいが下地(CANSAT)等があるからか比較的成功していると思う。
・ヲマケ。
今日から、宇宙(そら)へ公開開始。
#21・22日は全館¥500で視聴可能♪
ふじを運用している近藤氏曰く、「昔は衛星運用で一々巣鴨の運用局に行かなきゃだめだったけど、今はiPhoneからコマンド一発で運用できる」との事、、
リモート運用も進化している。

|

« なんだかなぁ、、 | トップページ | お台場へ(更新完了) »

コメント

先程はどもでした。今日はとても有意義でした。夜勤明けを押して行った甲斐がありました。

で、え〜、日本製の機器を最初に搭載したのはオスカー8号であります。

NHKニュースでその映像が流れ、低温試験はドライアイス直入れで、高温試験はドライヤーでやっていたシーンが放映されていたのを覚えています。私は小学生(当時)なりに「いいのか、それで!?」と思った覚えがあります。
ああ、その話さっき聞けば良かったなあ。(^^;

小渕さんってCQ誌にもインタビューが載ったことがあるんですよ。

投稿: (ぐ)こと のざき | 2009.08.22 02:02

 どもです、のざきさん。
ご指摘サンクスです、修正しました。

ふじ1号機打ち上げた頃はまだ小学校低学年なんで、ギリギリ興味なかった時ですね、、
初歩のラジヲ購入し始めたのが1984年か85年頃なんで。

投稿: Tomohiro | 2009.08.22 10:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんだかなぁ、、 | トップページ | お台場へ(更新完了) »