« 行動開始(追記) | トップページ | 深夜バスで帰仙(追記) »

2008.09.01

ロケットまつりに行ってきました。(少し追記)

※編集中、後で書く&写真追加する。

 宣伝:8月31日(日曜日)、ロフトプラスワンのトークイベントに出演しますに行ってきました。
いやぁ~、当初紹介時に笹本氏が「70歳のおじいちゃんで日本語よりも英語の方が堪能」って言うものですから、ヨボヨボのおじいちゃんなのかと思ったら、全然そんな事なくて(膝が悪いので歩きはゆっくりでしたが)、話し始めるととってもしっかりとした日本語で喋る喋る!
#何時もの林さん&垣見さんコンビと同じ、いやそれ以上にこの方は凄かったです。
 小林氏、松浦氏、近藤氏、笹本氏。


 Apollo計画以前のNASA。
そう、この方Gemini計画辺り(もうチョッと前)からずっとNASAに居られる方で、日本だとマイナー?な紫外線天文学の大家の方だそうです。
#日本だと、小田稔先生が牽引となったX線天文学や、VLBI衛星まで打ち上げちゃった電波天文学とかの方がメジャーなのですが、、
 Gemini計画では宇宙飛行士に紫外線カメラを持たせて、撮影依頼したり(論文に撮影者の宇宙飛行士の名前が連名である)、もうチョッと前のエアロビーロケットを使った紫外線カメラ撮影では、ロケット1本で1枚の写真(露光時間の関係)を撮影!して論文とか研究してたとの事、、
日本だとカッパとかSS-520クラスの小型ロケットなんだそうだが、実に900機!以上打ち上げたらしい。
 Apollo計画が始まって。
本当はApollo19号か20号で月に設置するはずだった月面天文台(45cm位の反射望遠鏡)の計画に携わっていたみたいです。

 Apollo計画が途中で終わったので、残ったサターン5型で打ち上げたスカイラブ
太陽電池パネルの左側が取れちゃったり、おかげで電力不足とかで空調が弱くなってしょうがないから急遽日除けのサーマルブランケットを取り付けたのですが、そのサーマルブランケットって近藤博士が紫外線カメラを使用した気球実験に使うためのブランケットが加工されて使用されていたそうだ。
#使って良いか?って言われてOKと言ったら研究所に輸送機で速攻取りに来たそうだ、、

 もうひとつの顔。
Yoji Kondo
エリック・コタニと言うペンネームでSF作家(博士はSF作家とは言わずに空想科学小説家と言ってた)、でもある。
ハイラインの追悼文集とか書かれてて、実は凄かったり、、

 Apollo11号の放送をTV中継で見た人は、、
実は博士、Apollo11号のTV中継の前の時にApollo11号の解説とかをした人でもあったりする。

|

« 行動開始(追記) | トップページ | 深夜バスで帰仙(追記) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 行動開始(追記) | トップページ | 深夜バスで帰仙(追記) »