« 深夜バスで帰仙(追記) | トップページ | 一夜明けて、、 »

2008.09.03

9/2の日記

 父の手術。
約10時間に及ぶ大手術の結果、無事に手術は終了して、左肺と胸膜とかを摘出しました。
集中治療室でまだ麻酔が聞いた半覚醒状態でしたが、大夫意識ははっきりしてるみたいで呼び掛け応答にもしっかり反応してました。
 摘出した部位を執刀の先生に見せてもらったのですが、、
結構なスモーカーの父親の肺、ずいぶんと黒いのだろうと思ったら、全然そんな事なくて、凄く鮮やかな朱色でした。
#たとえが物凄く不適当だとは思うのですが、牛とかのレバ刺って感じの色。
問題の悪性中皮腫も、2回の抗がん剤投与で大夫小さくなっていたらしく、豆粒みたいな感じで点在しているとの事、、
リンパとかに転移している状態でも無い様子で、かなり早くに発見でしたおかげみたい。
中皮腫になると、大抵は胸膜が分厚くなるのだけれども、見た限りではそんなのでもないとの事なので、とりあえずは一安心です。

 これからは、、
まずは滋養と休養を取って、手術で受けたダメージを回復してほしいところ。
1日も長く長生きして欲しい、、

 改めて。
コメントとか御心配して貰った、皆様に感謝を申し上げます。
どうもありがとうございました。

 さて、、
病院で宿泊、初めてしました。
いやぁ、布団とか冷蔵庫とか借りれるのね~
凄いですわ、ホント。

 にゅーす。
なんか1日新聞とかニュースとか見てないだけで、全然世の中の動静がわからなくなりますなぁ~

|

« 深夜バスで帰仙(追記) | トップページ | 一夜明けて、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 深夜バスで帰仙(追記) | トップページ | 一夜明けて、、 »