« 5/16の日記 | トップページ | 五月晴れ! »

2008.05.17

絶好の整備日和♪

 今日のMONTAGUE PARATROOPER。
走行時間、37分56秒
走行距離、10.39Km
平均速度、16.4Km/h
積算距離、3315.8Km
 メンテ作業。
外観手入れ・ワックスがけ、各部注油、増し締め、Fサスダンパー調整、、
#そろそろ洗車したいな。

 今日のitaljet TIFFANY。
走行距離、1.5Km(エンジンおろして完全自転車モード)
新デジタルメータ積算距離、21.3Km
新アナログメータ積算距離、20.9Km
デジタルとアナログの誤差、0.4Km
旧アナログメータ積算距離、2967.5Km
 いよいよ、エンジンをおろす!
結論から言えば、さっさとエンジンおろしておけば良かったと思います。
だって本当にエンジンおろすの簡単なんだもん(´ー)y-~~~
 エンジンおろしの手順(私家版)。
・ガソリンタンクを空にする。
・自転車チェーンカバーとバイクモードベルトカバーは外しておく(私はそのカバー無いけど)。
・エンジンを固定している3本のボルトの内、後部の1本を外して、前側2本を緩める。
マフラーを固定しているボルトを外す。
・エンジンが幾分動くようになるのでバイクモードベルトのテンションを緩めて外す。
・ガソリンタンク側根元からキャブへ行く燃料チューブを外す。
エンジンプラグケーブルを外す。
デコンプワイヤーのタイコを外す(錆びてると固いので、パーツクリーナやCRC-556なんかで錆を落とすと効果的)。
・車体を左横に倒す(以下倒したまま作業)。
・エンジン側マフラーのボルトを緩めて外す(排ガスカスで意外と固い場合は左右に少しずつ揺すりながら外すと効果的)。
・エンジンを固定している2本のボルトを外す。
・(ちゃんとした原型車がどういう風になってるかわからないが現車はこうなってたので)チョークレバーがフレームから出てるので、ペンチとかで中に入れる(でないとエンジンがおろせない)。
・エンジンをゆっくりとおろす(アクセルワイヤーと電源ケーブルx2本がついたままので注意)。

 エンジンをおろした事で発覚した意外な事実!
italjet Tiffanyですが、なんと単一AC電源です(えぇ!?)。
#ウィンカー電球が少なくとも12Vだったし、他の電球も12V耐圧のだったので恐らくAC12V単一かな、、
単に12V電球使ってるだけで、AC6V単一と言う可能性も否定は出来ない(なんせイタリア製っすから)。
何でかと言うと、エンジンケースから出てる電源ケーブルが2本しか無い、、
黄色いケーブルが電源ケーブル、黒い方がコンデンサ経由でスパークプラグに行く点火ケーブル。
#ちゅう事で、完全に原始的なポイント点火方式ですな、、
宇賀神さんとこのmp39 点火ポイント CIAO ポイント 旧型 とかmpx39 点火 CIAO コンデンサーとか使えるととても嬉しいなぁ~

 エンジンを完全に分離する為に、、
・黄色い電源ケーブルを切断(後で圧着コネクタを付け直す予定)。
・コンデンサ側のコネクタでエンジンからのケーブルを外す。
キャブレターのアクセルワイヤーのタイコを外す。
エンジンおろし、終了♪

 エンジンをおろしたTiffanyはどう見てもただの自転車(笑)。
いやぁ、加速良かったですよ普通に30Km/hとか漕げます(´ー`)
っつうか、エンジンマウント部に電動モーター付けて、ガソリンタンク部にバッテラ付けてフル電動自転車化もこの状態だと不可能ぢゃ無いんだよね、、

 まずは、、
キャブのオーバーホールですね。
 あと。
AC単一電源だと判明したので、意外とDC電源化も不可能ぢゃ無いのかもと思い始めてきた。
、、が、その前に手持ちのハンディ12Vバッテラを今の電装に繋げて、回路追わないと、、
#現状ウィンカーが点滅しないからなぁ~

 宇賀神さんで購入したモノでかなりイケルもの。
mp74e CIAO ブレーキワイヤー調整金具
コレ、かなり万能に使えますよ(^o^)丿
元々付いてないレバーに付けれるし、更に折ってしまったブレーキ部のアジャスタとしても代用可能なのを確認。
#後で、何個か追加注文しよう、、

 ビアライゼ
バイツェンまいまい♪

 夜、雨降ってたのね、、
知らなかった。

|

« 5/16の日記 | トップページ | 五月晴れ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5/16の日記 | トップページ | 五月晴れ! »