« 4/11の日記 | トップページ | 夜の都内サイクリング »

2008.04.12

宇宙科学講演と映画の会に行って来ました

 第27回 宇宙科学講演と映画の会に行って来ました。
開演が1400との事だったので、ゆっくり言っても大丈夫だろうと思って、1345分に開場入りしたら8割満席でした(´Д`;

 井上 一理事の挨拶があって、いよいよ開催です。

 まず始めに、次期固体ロケットの事で森田先生です。
話すスピードも丁寧でゆっくり目で、我々、色々と知っている大人向けに話していると言うよりも、中高校生や高齢の方々に話しているといった感じでした。
スライドも写真やわかり易い大き目のグラフなどを用意して、飽きの来ない構成でとても良かったです。
 ロケット自体は大体イメージつかめたのですが、管制やシステムづくりもどうやろうとしていくのかがわかってとても良かったです。
#質疑応答時に、連綿と続いてきた斜めランチャ打ちを止める理由とか、固体ロケット固有の問題(燃焼時に塩素ガス発生)を解決する方法も聴けて本当に良かった、、

 かぐや、加藤先生。
あまりにもタイムリーですが、満地球の出の翌日に説明する事になった先生。
流石に満地球の出動画は用意できなかったみたいですが、普通の地球の出とかの動画で解説を行ないました。
 説明自体は、最近のニュースリリースとかでも出ているものばかりだったので、あまり面白みに欠けたのですが、質疑応答のときに出た「地球の出・入動画の次に撮りたいものは?」の井上理事長の回答「アポロの遺留品や国旗」には会場内も笑いが出てました。
#実際、アメリカ側から要望が上がっているそうで、今の高度(100m)だとカメラ解像度がアレなので撮影できないけど、ミッション期間が終了して徐々に高度を落としていく時にチャレンジしたいらしい、、

 質疑応答
私も回りの方々に比べたら非常に下らない質問(阪本先生にペーパークラフトの事とISASnewsの事)を聴いてしまったのですが、ISASから見るとISASnewsが2月号でも実際は3月号号外まで出ているんですね、、
#大変失礼致しました>阪本先生

 今日の出来事。
4/12は、糸川先生が国分寺でペンシルロケットの水平発射実験し、ガガーリンが地球を1周し、スペースシャトル・コロンビア号が初飛行してたりする、実に宇宙に関連深い日なんだそうです。

|

« 4/11の日記 | トップページ | 夜の都内サイクリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4/11の日記 | トップページ | 夜の都内サイクリング »