« 60年代中後半から70年代のHONDAモペット部品って、、 | トップページ | 風の強い晴れたある日 »

2008.01.13

今日のitaljet TIFFANY

 うがぁ~!!
まず訂正します。
昨日のTIFFANY(訂正)TIFFANYリストア初め(訂正)で、宇賀神のCiao用リアブレーキが使えるような事を書いてしまったのですが、、
微妙に使えません Orz、、
イヤ、ちゃんと取り付けられるし、ホイールドラム内にも入るんですが、常時シューがドラムに当たる(ブレーキ掛かりぱなし)状態になります。
シューを1mm~2mm位削れば、使えそうですが、、
#っつう事で、某黄色Ciao-PX改オーナー氏行きが決定しそうなんですが、削ってくれないですよね?(苦笑)。
とりあえず下記に書きますが、対応策は考えました。

 今日のメインは、、
塗装!!
#本当は、ギアボックスを組み上げて試験走行でもしたかったのですが、塗装乾燥待ちの段階で上記ブレーキの事がわかったり、微妙にギアボックス内の組み上げがおかしいのか自転車-バイクモード切替が上手く行かなかったり、ギアボックスにギアオイル200ml位入れて暫くしたらガスケットの隙間から漏れてきたりと散々で、コレは明日以降の課題となりました。
 ってことで、塗装。
いらん所をマスキングテープと新聞紙で包んで、#60の紙ヤスリで素地削り。
本当は、塗装剥ぎからやれば良いんだろうけどそれはプロのやり方であって、サンデーメカニックはヤスリで充分です。
んで、田宮模型のサーフェイサーの白を吹く。
#あぁ、なんかガンプラ塗装してるみたいだ(´ー`)

 風が強かったのと温度が低かったので、、
アサヒペンのシリコン変性アクリルラッカーの白を2度塗り。
かなり塗装するような条件の気象ではなかったですが(チョッと塗装ムラが出来ちゃった)、まぁ、錆が見えなくなっただけでも充分でしょう♪
最後に自転車&バイク用の艶だしワックスを雑巾で塗って完了。
 Before・After
とりあえず、リアキャリアーの錆が無くなったのはわかると思います。
あと、ナンバー付けました(^^ゞ
#んでもまだ自賠責入ってないから公道走行不可だけど、、

 燃料タンク。
コレ、フレームから取るの大変でしたよ(´Д`;
取る為に、「イタリア人の気持ちになれ」って呟きながら試行錯誤してようやっと取り外しました、、
#半分力技で外したです(^^ゞ
 ココにあったんかい!!
今まで、ボディには"italjet"のロゴ一つも無かった(TIFFANYロゴはトップチューブとタンク横シールにある)んですが、燃料タンクの見えない場所に、"italjet"ロゴがありました
間違い無く、このTIFFANYはitaljet製です、、
 外してみて、初めてわかった事実。
タンク内に、ひび割れありました(´Д`;
ただ、外側にはガソリンが漏れたような後が無いので、今のところ大丈夫そうですが、、
#割れたら、エポキシパテで塞ぐか。

 燃料コック
燃料の開閉が壊れた状態のコックです。
中をバラして調べてみたんですが、パッキン自体は大丈夫でそれを稼動させる金具が割れてました、、
 なので、、
東急ハンズ、新宿店(何時もお世話になってます)で、エアーコンプレッサー用途のちょうど良い奴(口径も合う)があったので、購入して来ました。
#こんな事もあろうかと、事前にSA東雲のライコランドで単独燃料コックは購入済み(右下に写ってる奴)。
んでも、実際に燃料タンクに組み付けてないから、まだわからないけど、、

 リアのブレーキシュー再生。
※※※ 以下の記事は、下手をすると生死に関わる危険性があります ※※※
自己の責任に於いて参考にするなりして下さい。
この記事を真似して、傷害等発生しても当Webサイトは一切の責任を負いません。
自分でやるんだから、自分の責任で全てやってください。
人に責任を押し付けるな!!
※※※ 以下を読む方は承知(覚悟完了)しましたね? ※※※
 さて、こんな事書いてるケド、実は私もとあるWebサイトを参考にしてたりするんですが(´ー`)
もち、この方も真似するなって書いてある。
なんで、そのまま真似はして無い、、
とりあえず、既存のブレーキシューと取れてたライニングを2液混合のエポキシ系接着剤で接合
こんな感じに出来上がったけど、ハテサテ、、
#組み上げてみないとわからないんだわ。

|

« 60年代中後半から70年代のHONDAモペット部品って、、 | トップページ | 風の強い晴れたある日 »

コメント

燃料タンクのひび割れはガソリンが漏れる前だったら、ニッケルメッキで良いので厚づけのメッキしておくと良いですよ。
京浜島辺りのメッキ屋さんを電話帳で探すかして、メッキを頼むのもよし。自力でやるんなら、薬品の調合方法教えますよ。

投稿: xaren | 2008.01.14 15:30

 どもです、xarenさん。
ぐひ、写真見てもらえばわかりますが、TIFFANYの燃料タンクって強化プラスチックなんですよ。
つまりは、草刈り機とかと同じモノなんです(^^ゞ
なんで、エポキシパテな訳で、、
#そこいら辺はもの凄く原始的です>TIFFANY

投稿: Tomohiro | 2008.01.14 23:33

I see you've made progress, good work!

Tiffany tuners are so rare you must respect them.

Greetings from edo(not from tokyo ;-) ).

投稿: Edo | 2008.10.22 05:43

Comment thank you Edo.

投稿: Tomohiro | 2008.10.24 23:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 60年代中後半から70年代のHONDAモペット部品って、、 | トップページ | 風の強い晴れたある日 »