« 本屋さんdeメモ | トップページ | 編集完了 »

2007.09.15

国立科学博物館に行って来ました

 予定通り?、国立科学博物館宇宙137億年の旅を見に行きました。
入場料、大人¥600なのですが会員になると¥1000で入り放題になるんですよ。
私、今年だけで3回くらい来てるんでそろそろ会員になろうかなぁ(´ー`)

 そこは、養殖モノと天然モノの素粒子を観測するデバイスでイッパイ!!
つまりは、高エネルギー系なモノがてんこ盛りでした♪
KEKの一般公開日にはフォトンファクトリー辺りにあった、加速器モデルも展示してあって、子供が結構熱中してましたよ。
#私は、KEKで夢中にやってました(´ー`)

 やっぱ、シンチレーション系はココなのか、、
宇宙線を見る為の光電管で、コレの隣にTVモニタを設置して、実際にココで観測できる宇宙線の軌跡を映してました。
、、で、やっぱり、製造元はココなのね。
#さすが、カミオカンデの光電管造ってる会社だわ、、

 なんてん2模型
設置場所が、南米チリのアタカマっつう事で、アレ?、国立天文台ALMAと違うんですか?と聞いたら、関連はあるけど違うそうで、、
#電波天文をするにはサブミリ波が影響を受ける水蒸気がない土地=高地が良い場所なので、南米は各国共に観測場所として使用してるっぽい。

 すだれコリメーター。
すざくあかりの模型展示と一緒に、あかりは赤外線天文なので、赤外線カメラで冷たい缶コーヒーと暖かい缶コーヒーを触らないで当ててみよう展示の他に、すざくに搭載されているX線センサーを展示してました。

 実験・体験コーナー!!
私が行ったときは、超伝導or超電導(Super Conduction){漢字統一してくんねぇかな}の実験してました。
#しまった!、「霧箱で宇宙線を観察しよう」なんてのもあったのか!!
詳細は、コレ見て(pdfリンク注意)。
明日・明後日は1600~、サイエンスカフェ開催する見たいやね、、

 イベントの主催?が、名古屋大学なので、、
青色・白色LEDの開祖、赤崎勇先生の解説パネルとか実際のLED展示とかしてました。

 そのコーナーに置いてある、説明用配布ペーパーとかも、、
小学生でもわかるようにルビ振られてたり、図や写真を多用してとてもわかりやすく解説してると思います。
加速器とは?とか、素粒子って何?とか素粒子のスピンや振動についてのペーパーとかは、社会科見学へ行こうでよくKEK行く方にはオススメかもしれません。

 常設展示。
常設展示も色々と面白いモノがイッパイありますし、特別展もインカ・マヤ・アステカ展開催してますので、3連休暇している方は上野に行っては如何でしょうか?
#帰りは、アメ横でお買い物と♪

|

« 本屋さんdeメモ | トップページ | 編集完了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本屋さんdeメモ | トップページ | 編集完了 »