« 別れ | トップページ | 葛飾区郷土と天文の博物館 »

2007.03.31

近代科学資料館

 近代科学資料館に行って見ました。
寮から歩いても行けるので徒歩移動。
 外堀、総武線・中央線直線区間の桜はほぼ満開。
"鉄"写真家としては生憎の曇り空なのだろうけど、皆さん熱心に写真をとっていらしてましたよ。
あと、外堀のボート乗り場はすげぇ並んでた、、
#そうなると、井の頭公園ボートもすげぇ並んでんだろうな。

 建物。

 現在、特別展示中。
5/17まで、「パーソナルコンピューターのあけぼの」展を展示してました。
っつても、かなりこじんまりとしてましたけど、i4004を初めIntel系はPenIIIまで石ありました。
参考:Microprocessor Report

 何故ココに来たかったかと言うと、、
ロケットまつり14の時に、垣見さんと林さんがタイガー計算機の話になって、その後にモンロー計算機だのフリーデン計算機だのを使用したって言うんで、見てきました。
写真撮って来てるケド、展示品の紹介辺りから全部写真見てたりします(笑)。

 FACOM201ペンシルロケットの意外な関係。
これは私も現地行って始めて知りました。
#と言うか、ここいら辺は垣見氏に是非とも聴きたいところです、、
中島飛行機→富士精密→プリンス自動車→日産なんで。

 他の展示物も一杯あって面白い!!
いわゆる計算機なるモノの歴史がギュっと凝縮されています。
私、写真とりそびれましたが、そろばん以前の算木や縄の結び目で計算するモノ計算尺なんかも見ごたえ十分でしたよ♪
 あと、、
ちゃんと稼動するタイガー計算機が8台位合って、計算体験できるコーナーとかあるので、受け付けのおネェさんに教わりながら計算してみるのもいいでしょう。
#上野の国立科学博物館だと、1台しか計算体験できるタイガー計算機無いからネェ、、

 関連Webサイト。
コンピュータ博物館
こちらは完全に電気計算機の歴史を追ってますね、、
収蔵場所も書いてあるので、参考になるかも。

 ヲレ的に一番ビックリしたデバイス。
151桁そろばん、、
なんでも、国勢調査とかに実際に使われたそうな。

|

« 別れ | トップページ | 葛飾区郷土と天文の博物館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 別れ | トップページ | 葛飾区郷土と天文の博物館 »