« 今知った事実、、 | トップページ | しまった~(>_<) »

2006.11.13

科学・化学の前に理科と言う授業

 エセ科学「水からの伝言」への注意を喚起する
松浦晋也さんとこネタ。
、、で、、
理科教育はなくなった
kinnekoさんとこネタ。

 何を言いたいかと言うと、、
道徳(今なんて授業名でしたっけ?)の時間に「水からの伝言」を取り上げるのなら、しっかりと理科の時間にこの水の結晶の実験をして、そして社会(倫理)の時間にそれを踏まえてメディアリテラシーの授業をして欲しいわけですよ。
#でないと、ホント某巨大掲示板の管理人さんが言うところの「嘘を嘘と見抜く」事ができない人になりますよ?

 私的には。
水からの伝言(波動理論って奴?)が本当で、三段論法で言って「人間の体内も殆どが水だからそうなの」と言うならば、地球に罵倒を浴びせつづければ自然が変動すると言う事なのか!?
逆説言うのなら、この人が作った装置を巨大にして設置すれば、自然が元に戻るって言う事なんですが、、
私、言ってる事おかしいですか?

 水の結晶(雪の結晶)の事は。
松浦氏のリンク先の方も言及しているが、中谷宇吉郎氏の本を読む事が一番でしょうね、、
行き着くところは、地球物理学・複雑系で寺田寅彦氏になるのだが。
#今風に言えば、フラクタル理論とかカオス理論って奴か、、
一見バラバラに見えるような事象でも、統計を取りつづけて行くと、どこかしら共通点があるって奴ですね。
金平糖とか墨流しとかですな、、

 んん!?
この文章入力しているうちに、私このネタで日記書いているような気がするんだけど、、
#それだけ、似非科学が日常生活に浸透してきてるって事なんだろうなぁ~

|

« 今知った事実、、 | トップページ | しまった~(>_<) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今知った事実、、 | トップページ | しまった~(>_<) »