« 言ったからには人柱! | トップページ | SERIAL-KIT・シリアルコンソール系ネタまとめ(ずっとβ版) »

2006.10.30

動作しました~♪

 言ったからには人柱!の続き。
#もっと言うと、一連のこれシリーズの続き。

 因みに、UP-12Cの解析はUP12 USB-PDC Converterに詳しい。
あとで、上記wikiを良く読んだらシリアルレベルコンバータなる記事が、、
第1号機って9-KE相当品だし、第2号機ってUP-12Cを無改造で使用する方法だし、あぁ、またもや私が人柱だぁとか言って挑戦した事は実は先人達が既に挑戦済みな事だってのを知る Orz、、
#先人達に感謝!!

 購入してきました。
購入パッケージ状態です。
この参考Webサイトのモノと違って、WindowsドライバFDDは梱包されてなくて、ドライバはKAIRENのココから入手してくれと書いてます。
 本体全景
一見すると造りはしっかりしてるって感じですが、、
コードの根元から-ドライバでこじ開けると簡単にバラせます
#ねずみ色のものはシールになってて、剥がすと大穴が、、

 とりあえず、基板解析。
基板はしっかりとした造り。

 基板表拡大
どうもケータイ向け変換基板専用ではなく、USB-Serial汎用変換基板っぽいと言うのがわかる。
っつのは、Serial側端子は10Pin(黒色GNDが2Pin出てるので実質9Pin)出てるので完全配線すれば、そのままRS232C接続できる感じ。
基板裏拡大見ると、その割にはPDCホゲホゲとか書いてあってやっぱりケータイ向け変換基板なのかとか思ってみたり(^^ゞ
因みに、上記で先人が分解・解析したモノと微妙に違うのがわかる。
特に先人の裏基板にはデカイチップ抵抗が実装されていない、、

 これからが試行錯誤でした(苦笑)
まずは、一気にPDC側のコネクタ根元からニッパでぶった切って、中の線を出します。
赤(5V)、黒(-)は線が太いのでわかりましたが、緑・白のどちらがTxDでRxDなのかは不明でした、、
#この時点でPDCコネクタ外して、どっちがSD・RDかを確認すれば良かったよ(因みに、PDCコネクタの配線はココ)
 最初、緑と白を逆配線してグラタンに付けたので動作しなかったですよ Orz、、
えっと、正常に配線された状態ならば、グラタン本体電源断の状態でRXのLEDが点灯します、逆配線だとTXのLEDが点灯するので注意!!

 っつ訳で、はんだの雑さが試行錯誤の度合いを表してますね(^^ゞ
赤(5V)※使用しない、黒(-)、緑(RxD)、白(TxD)の模様です。
#ロットやメーカによっては緑・白の色ではないかも、、
その時は、PDCコネクタをバラして確認して。

 動作確認。
改造済み本体全景を見る。
まぁ、こんなもんでしょう(´ー`)。
ちゃんと表示もできるし入力も出来ます
因みに、115200 8-N-1 フローなしですよ。
UTF-8喋るものでないと漢字化けたり改行が変になったりするので、コレ使うのが吉。
#私の環境(Windows2000)だとこれ挿した時にUSBドライバを入れてくれと言う風になったけど、WinXPとかだともしかしたらデフォルトで動作するかもしれません。

 結論。
ちゃんと動作しました。
最近のPCにゃSerial端子ない場合とかあるので、このデバイスは使えるかもしれませんね。
あと、まだ検証して無いですけど、リナザウとかSigmarionIIIとかで動けばそれなりに面白いかも、、
#ここいら辺は後で暇なときに検証します。

|

« 言ったからには人柱! | トップページ | SERIAL-KIT・シリアルコンソール系ネタまとめ(ずっとβ版) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 言ったからには人柱! | トップページ | SERIAL-KIT・シリアルコンソール系ネタまとめ(ずっとβ版) »