« 行けそうに無いので、、 | トップページ | もう駄目かもしれない>WPC »

2006.10.21

10/20の日記

 いって良かった!!
行って来ました>宣伝:10月20日(金曜日)と11月2日(木曜日)、ロフトプラスワンのライブトークに出演します
#会場内はこんな感じでほとんど満員御礼状態です。
しかしながら、男女率9:1なのはアレ過ぎ(^^ゞ

 雰囲気的には、ScienceCafeがScience居酒屋?になったような感じ。
ビールやら何やら片手に面白いお話を聞く事が出来ました。
國中氏からはイオンエンジンの裏話?を聴く事ができたのですが、その前にイオンエンジンの原理を教えて頂いて、私でっかいドライヤーのようなもんだと思ってたら、噴出するイオンを制御する為にグリッドとかイオンを作る為のヒーターだのとか聴いて、どちらかと言うと真空管に近いものだと言う事が分かりました。
#はやぶさ搭載のイオンエンジンはヒーター(熱電線)では無く、マイクロ波で燃料を暖めてイオン化するとの事。
因みに、MLにこんな事書くくらいなんで、ヤマトねたとかあったり(^^ゞ

 軌道計算(ナビ)の吉川氏>こんな方
の前に、喋るイントネーションが田舎系(うちら寄り)だなぁとか思ったら、確かに出身地はそう見たい。
軌道計算も色々と面白い話が聴けました。
地球重力圏内でははやぶさの位置をm単位で計算出来てた事、惑星航行間で太陽ノイズが多くなるとはやぶさからの電波にノイズが入ったりして位置誤差が1000km単位になる事、小惑星イトカワをカメラで捕らえた(天文測位)だけで位置誤差が45kmまで戻った事とか聴けました。
#イトカワ着地1回目のテレメータデータは軌道計算チームにとって当初かなり謎だったらしい。
後、イオンエンジンと言う噴射(加速)しつづけるエンジンの場合の位置把握と言うのはかなりノウハウのいる事らしく、NASA/JPLもイオンエンジン噴射間は位置把握保証をしてくれなかったみたいで、正確な座標を確認する為にイオンエンジンを切って確認したと言うお話も聴く。
 以外だったのが、、
太陽輻射圧の事。
はやぶさみたいな小さい惑星間航行機でも、太陽輻射圧(光とかプラズマイオンとか?)が機体にぶつかる発生する推力は軌道をずらすほどに大きいらしい(それでもイオンエンジン推力の1/100だけど塵も積もれば)、、
だからこそ、ソーラーセイルやりたいんだろうけど。

 はやぶさ2とかはやぶさMk2とかの話。
初めて聴きました(´ー`)
そう遠くない未来にはやぶさと同じ(欠点は改良されるだろうが)衛星機体で違う形態の小惑星のサンプルリターンをH-2A?でやるのがはさぶさ2で、Mk2はその後の未来に今度は彗星?のサンプルリターンをはやぶさとは違う衛星機体でやるそうだ。

 松浦氏、國中氏や吉川氏、、
左端、イラストレータの誰?だったけ、、
#今回、浅利氏と笹本氏は執筆活動でこれなかった。

 これは面白い!!
ってぇ事で、宣伝がてら開田夫妻が来てましたが日曜日の見学ナイト2も行けたら行こうと思います。
やっぱ、大人はコーヒーよりもアルコール片手にScienceだわ(´ー`)

|

« 行けそうに無いので、、 | トップページ | もう駄目かもしれない>WPC »

コメント

投稿: あおしま | 2006.10.26 05:03

 どもです、あおしまさん。
うわっ!!、的川先生の授業だ!!
うーん、行きたいが、その日は海自下総基地祭に行こうと思ってたんだけど、、
 う~ん、どうしようか??

投稿: Tomohiro | 2006.10.26 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 行けそうに無いので、、 | トップページ | もう駄目かもしれない>WPC »