« 5/20の日記 | トップページ | 疲労回復の日曜日 »

2006.05.21

Bluetoothデバイス推進委員会、推進運動(笑)

 PlantronicsPulsar 590Aを買いました。

 デカイ箱
中身はこんな感じです。
青歯非対応MP3Playerとかに付けるドングルとか、USB充電ケーブルとか、クレードルとか、、

 クレードルに乗せると、こんな感じ
 因みに、、
BluetoothステレオヘッドホンiCombiとの大きさ比較。

 iPAQとのペアリング。
iCombiとiPAQの組み合わせで動作するか?とほとんじ同じ要領でペアリング出来ます。
Pulsar 590Aのコールコントロールボタン(電話アイコン)を押しながら、電源スイッチをONにするとペアリングモードになるんで、iPAQ側で"high Quality Audio Setup"をタップするとPulsar 590Aが検出されるんで、"0000"のペアリングキーでペアリングします。
 あとは、、
Pulsar 590Aのアイコンをタップすれば、いつでもペアリング出来ます。
WindowsMediaPlayer9ではA2DP/ACRCPで高音質&早送り等のコントロールも可能です。
#WindowsMediaPlayer10やTCPMPでは残念ながらACRCP使えないので音量コントロールのみ、、

 WILLCOMWX310Kとペアリングしてみる。
こちらは、"メニュー"→"アクセサリ"→"Bluetooth"→"ヘッドセット接続"→"ヘッドセット対応機器探索"でペアリングします。
#事前にPulsar 590Aのコールコントロールボタン(電話アイコン)を押しながら、電源スイッチをONにするとペアリングモードにしておく事。
こちらはHSP/HFPのどちらかでペアリング可能です。
#HSP(ヘッドセットプロトコル)だと、Pulsar 590Aがマイク・ヘッドフォンになって、HFP(ハンズフリープロトコル)だと、Pulsar 590AはヘッドフォンになってWX310Kのマイクで喋るって事になるのか?
区別がチョッとわからない、、
 WX310Kで見たPulsar 590Aの詳細情報。

 iPAQとWX310Kで同時ペアリングは可能か?
可能です。
 音楽聴いてる間に、着信が着たらコールコントロールボタン(電話アイコン)を長押しすると、自動的にHSP/HFPプロトコルに切り替わるので、もう一度コールコントロールボタン(電話アイコン)を押すと着信応答できます。
 音楽聴いてる間に、発信がしたい時はコールコントロールボタン(電話アイコン)を長押しすると、自動的にHSP/HFPプロトコルに切り替わるので、もう一度コールコントロールボタン(電話アイコン)を押すと最後に発信した相手にリダイアル発信します。
 ただ、チョッと問題が、、
HSP/HFPプロトコルに切り替わった後にA2DP/ACRCPプロトコルに戻る手段が無いっつう事(´Д`;
コールコントロールボタン(電話アイコン)を長押しって一方的にHSP/HFPプロトコル切替なのよね、、
なんで、もう一度iPAQ側で再ペアリングしないとダメなのよね。
#コレはどうも仕様みたいで、ちゃんとした対応機種の NTT Docomo FOMA P902iでも音楽聴きと通話の切替ではこうなりますと書いてある。

 Pulsar 590A、まとめ。
ヨドバシ価格で¥19800と価格的には高いのですが、Bluetooth対応ケータイも結構出てきてる(仙台ヨドバシ、ケータイ売り場近辺でBluetoothデバイス検索すると10台位出てくる)んで、これからBluetoothケータイに買い換えてカッコイイヘッドセットを探している方にはオススメだと思います。
 ヲレはビンボー人で¥1万以下しか出せないと言う方は、、
Bluetooth MP3 Headphoneを勧めます(笑)
Bluetoothはサポート対象外だそうですが、A2DP(ACRCPも?)/HSP/HFP対応みたいです、、
ヲマケ機能一杯あるんで、そっち使うだけでも元取れますけどね(^^;;

|

« 5/20の日記 | トップページ | 疲労回復の日曜日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5/20の日記 | トップページ | 疲労回復の日曜日 »